食品と機能性

  機能性を表示した食品とは?  

私たちが普段口にする食品には効果や機能の表示を包装にしているものとしていないものがあることにお気づきでしょうか。食品に効果や機能の表示を勝手にすることは法令により禁じられておりますが、一部の食品の中にはこうした表示が国により許可や届出をして販売されています。

最近では加工品だけではなく、生鮮食品にまで表示が可能になったため市場で機能性を表示した食品を目にする機会が増えています。

 

国が食品の機能性表示を認めている食品には特定保健用食品(以下「トクホ」といいます)と機能性表示食品の2種類があります。

  機能性を表示した食品の種類とは?  

      機能性を表示した食品
特定保健用食品(トクホ)
機能性表示食品

 

表示を行うにあたっては、下記の注意点が消費者庁の食品関連事業者向けの

ガイドブックには記載されております。

可能な表示は、疾病に罹患していない方の健康の維持及び増進に役立つ旨
又は適する旨の表示に限られています。
●「診断」、「予防」、「治療」、「処置」など医学的な表現は使用できません。
●治療効果、予防効果を暗示する表示はできません。「糖尿病の方へ」といった特定の
疾患の方を対象とした表示もできません。
●未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)、授乳婦に対し、機能性を訴求す
るような表示はできません。
●肉体改造、増毛、美白など意図的な健康の増強を標ぼうするような表現はできません。
●科学的な根拠に基づき十分に説明できない機能性に関する表現はできません。
表示事項に問題がある場合、罰則の対象にも・・・
●食品表示基準に基づいた表示を行っていない場合、食品表示法違反として、食品表示
法の指示や命令のほか、罰則の対象となる可能性があります。
●科学的根拠情報の範囲を超えた表示事項は、不当景品類及び不当表示防止法(景品
表示法)の不当表示又は健康増進法の虚偽誇大広告に該当するおそれがあります。

(出所:消費者庁HP掲載「「機能性表示食品」制度がはじまります!」より抜粋)

 

以下はトクホの許可品目数と現在販売中の品目数及び

機能性表示食品の届出数と現在販売中の品目数の比較表です。

 

 

本サイトに掲載されている機能性表示食品(トクホ含む)を機能性別に次のように上から順に分類、検索できるようになっております。なお、括弧内は食品個別に表示されている機能性です。

・血液関連(血糖値、糖、血圧)

・肥満関連(肥満、中性脂肪、脂肪、コレステロール)

・記憶力関係(認知機能) 

・目関係(目、目や鼻の不快感)

・睡眠関係(睡眠)

・おなかの調子関係(おなかの調子、便通、腸内環境)

・肌関係(肌) 

・関節 (関節)

・骨の健康関係(骨の健康)

・疲労関係(疲労、ストレス、筋力)

・その他(口腔内環境、腰、肝機能、むくみ、免疫機能、頻尿、活気、運動量、尿酸値、体温維持、基礎代謝)

 

下記の関心のある分野をクリックすると該当する機能性表示食品(トクホ含む)が表示されます。

 

 

次頁でトクホと機能性表示食品についてもう少し詳しく解説いたします。